『東洋五術』とは、命・卜・相・医・山のこと

『東洋五術』という言葉を聞いたことがありますか?

命・卜・相・医・山のことです。

「めい・ぼく・そう・い・ざん」

と読みます。

命とは…宿命の分析です。

四柱推命、紫微斗数など、

生年月日と生まれた時間で観る占いです。

卜とは…選択や指針の判断です。

周易、断易、奇門遁甲、六壬神課などです。

相とは…形からみた吉凶判断です。

風水、観相(手相・顔相)、姓名判断などです。

ここまでが、いわゆる《占い》に属します。


医とは…中医学です。

漢方、鍼灸、整体などです。

山とは…心身鍛錬や真理探究です。

気功、呼吸、瞑想、太極拳、ヨガなどです。

この5つを総称して、

『東洋五術』と呼んでいるのです。

これは中国思想の元となる

陰陽、五行、易から発生しています。

また、相・医・山には

「気」という共通点もあります。

現代医学では、臓器を固体としてみます。

しかし中医学では、身体全体をひとつの有機体と捉え、

「臓器はそれぞれ相互作用により助け合って働いている」

と考えます。

ある臓器の働きが悪くなると、

関連する別の臓腑の調子も悪くなる。

この臓器(五臓六腑)のバランスを

「気」によって保っている、

という考え方です。

気のほかにも、

身体のバランスを保つためには

「血」と「水」が重要だとします。

気・血・水は、人体を作ったり、

活動させたりするための基礎的な物質です。

これらが不足したり、代謝が悪かったりすると

病気になりやすくなります。

気・血・水は、

植物の栄養分と自然界の「気(空気)」を基に、

人体を活動させています。

そして人の身体には

経絡(けいらく)という気の通り道があって、

そこから全身に巡ります。

この経絡は、大地でいうと『龍脈』に当たります。

さて。

人体に流れる経穴を「ツボ」と呼びますよね。

気の流れが悪くなった場合、

経穴(ツボ)を狙って針灸や指圧をします。

その結果、身体の気の流れが調節され、

治癒にいたるのです。

この経穴は、大地に例えると

『龍穴』のことです。

大地から龍穴を見つけて、

そこへ都やお墓、家を建てようとする。

それが、風水なのです。

龍脈の流れが悪ければ、

その場所は使用できません。

かりに龍脈があっていても、

龍穴の周辺環境によっては

使えない場合もあります。

この「気」の働きは、

自然界でさまざまな働きをします。

たとえば…

風を吹かせて、雨を降らせます。

東洋五術でいう『山』では、

その気を「感じる」ことが大切です。

そして、

そういった気を体内に取り入れることで、

生命エネルギーへと変化させ、

それを全身に巡らせるのです。

これが、山・医・相の関わりです。

さて、「相」である風水を鑑定するとき、

その人の『命』も読む必要があります。

風水で調整した運気が、

本当に風水によるものか、

それとも本人の『命』によるものなのか。

これを判断するためです。

さらに『卜(ぼく)』ですが、

陰陽・五行とともに「易」は、とても重要な中国思想です。

陰陽説は、

宇宙が生まれる前の混沌とした世界を表しています。

易とは、古代中国人が

星の観測から生みだしました。

自然の動きを読み取り、

自然科学として体系化し

64の卦に分けられました。

その64卦には複雑な教えが含まれます。

易では、サイコロやコインで出た数字を

64卦の中から読み取って、判断します。

四柱推命や紫微斗数では、

個人の命運を読み取りますが、

易では行く先を占うことができます。

以上のように東洋五術とは、

中国思想である陰陽説から五行説、

そして易と結びつき、

さらに整体やヨガにも通じます。

総合的に学ぶことで、初めて

占星術に精通できるのです。

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

ヨガ教室が来週19日(木)18時から、はじまります!

このたび、ぼくの会社マリアハウスでは、
ヨガ教室をはじめることになりました。

占いと整体、そして今度はヨガです。

じつは以前、ぼくは
ヨガ教室をプロデュースしたことがあります。

かれこれ15年ほど前ですが。

で、いまでも細々と、個人的にヨガは続けています。

ちょっと思うところがあって、
マリアハウスで、ヨガ教室をやりたくなりました。

yoga1


心の動きをコントロールするさまざまな鍛練により、
苦しみから解放されることが、ヨガの目的です。

ダイエットや健康法としても、ブームとなっているヨガ。

本来の目的は、苦痛からの解放であり、
快適で安定した心を作ること。

独特なポーズによって、体の歪みが矯正されます。

また、柔軟性や体力向上の効果があります。

そこに、ゆったりした呼吸や瞑想を組み合わせ、
集中力を高めて、おだやかな精神状態を作りだす。

その結果、歪みが解消して、
体が引き締まって美しいプロポーションになる。

これがヨガの特長なのです。

ヨガの基本でもある呼吸法は、
呼吸を制御することで活力と集中力が増します。

そして、心と体を結びつけてくれます。

細胞ひとつひとつに酸素が送られ、
体の内側から活性化する効果もあります。

呼吸が体と心に及ぼす影響は、とても深いものです。


先週、Twitterで呼びかけたところ、
5名ほど、ヨガのインストラクターさんから
問い合わせがありました。

さっそく面接をさせていただきました。

ぼくの哲学や理念にあう人たちと、
共にゼロから作り上げていく教室です。


ということで、さっそくですが
来週19日(木)から、ヨガ教室をはじめます。

 

講師は….Ayanoさんです。

IMG_4689


ヨガインストラクターをはじめ、ウォーキング講師、
さらにモデル、歌手として活躍されています。
スポーツ受賞歴:高校総体 バスケットボール 福岡県4位
2014 ミスユニバースジャパン 宮崎県代表

彼女からの自己PRです。

「トータルビューティーを目指して、美しい身体のライン、姿勢改善、綺麗な歩き方、食事、メイク、考え方まで、様々なことをお客様1人1人にあわせてご指導致します。老若男女問わず、ご自身の身体と向き合って頂き、身体の外側も内側も美しくなるため一緒にレッスンしていきましょう。皆様の健康と美は私が保証します!」


毎週木曜日の18時から60分。

参加費は、3,500円(税込み)です。


店員5名の少人数制です!
(予約制ですので、参加の際は前もってご連絡ください)

「体が硬いから」と二の足を踏んでいる方でも、
安心してはじめられます。


場所は、渋谷区神宮前3-18-16です。


JR原宿駅からですと、竹下口から竹下通りを抜けて、明治通の信号を渡って、そのまま曲がらずに直進(ムラサキスポーツとKDDIの間の道)しばらく進むと、左手にファミリーマートがあります。その十字路を左折、そのままくねくねした道を道なりにいくと二股に分かれますので右へ。すぐ右側に古いレンガの洋館があり、その路地を右折しますと、
目の前に「MARIA HOUSE」の青い看板が見えます(樹木で少し隠れていますが)。右手の細い階段を上って、ガラスの赤い扉が入り口です。鍵がかかっていますので、ポストのインターホンを押してください。迷われたらお電話ください。


有限会社マリアハウス:03-5775-6603
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■中島多加仁日刊メルマガ

http://www.nakashimatakahito.com/mailmag/

■有限会社マリアハウス

http://www.mariahouse.co.jp/

渋谷区神宮前3-18-16
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


 

 

 

立春大吉の由来

 

昨日は節分で、今日は立春です。

立春は、冬至と春分のほぼ中間。

 

昼夜の長短を基準に季節を区分すると、
この日から立夏の前日までが春です。

 

九州など暖かい地方では、梅が咲き始める頃ですね。

暦の上では「春」になりますが、実際には最も寒い時節です。

Red_Prunus_Korin

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
立春大吉の由来
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

立春から数えて88日目を八十八夜、

210日目を二百十日(にひゃくとうか)、

220日目を二百二十日(にひゃくはつか)

と呼んでいます。

 

立春のあと初めて吹く南の強風を、『春一番』と呼びますよね。

 

立春の早朝、禅寺では、

門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。

 

中国や日本の太陰太陽暦では、元日が立春前後に置かれています。

 

中国暦では、立春と雨水を含む月を正月としています。

 

それは、立春の頃を年初にし、
春の始まりと年の始まりを一致させるためでした。

 

節においては、立春が年初となります。

 

四柱推命や九星気学では、
節分までを前年として、立春で年が変わるとしています。

 

春の区分は、西欧では習慣的に、
暑くも寒くもない温かい季節、つまり春分から夏至までが春です。

 

しかし古代中国では、
昼夜の長短のピークとなる夏至・冬至と、
昼夜の長さがほぼ同じとなる春分・秋分を、各季節の中心としているのです。

 

これらの中間に、各季節の区切りとして
立春・立夏・立秋・立冬をもうけました。

 

これが中国暦の特徴です。

西欧では春分を起点にしますが、中国は冬至が起点になります。

 

二十四節気では、立春から立夏までを『春』とします。

 

欧米の習慣的な天文的区切りとは、約1.5ヶ月ずれます。

 

日本では明治6年に、

陰陽暦(太陰太陽暦)を廃止し、太陽暦としました。

 

気象学も欧米の法則を取り入れたのです。

 

気象学的には、

3月~5月が春、

6月~8月が夏、

9月~11月が秋、

12月~2月が冬、

 

とされます。

 

現代の日本では、
欧米的な四季感覚に慣らされていますから
2月4日の立春に対し、季節感のずれを感ずるのはやむをえません。

 

立春は、節分の翌日ですが、

節分は必ずしも2月3日とは決まっていません。

 

節分が2月3日なのは2024年まで。

2025年は2月2日になります。

そして翌年からは3日に戻ります。

ちなみに1968年は、2月4日が節分でした。

 

ともあれ、新しい一年を迎える立春には
その一年がいい年であるようにと願いを込め、
「立春大吉」という言葉を掲げるのです。

 

真ん中に線を入れてみると、
この四文字は左右対称だとわかります。

 

表から見ても裏から見ても「立春大吉」と読めるのです。

 

昔、立春大吉と書かれた御札が貼られた家に
鬼が入ったことがありました。

 

ふと鬼が振り返ると、

さっき入る時に見た立春大吉の文字を見て、
「まだ入ってなかった」と勘違いして、
逆戻りして出て行った、という逸話です。

 

鬼は、裏側から見ていたんですね。

 

これがもとで、

「立春大吉のお札は厄除けになる」

と言われるようになったのです。

 

 

 


 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!


 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

なぜ節分に豆?鬼は外の鬼とは?

おはようございます。

さて。本日は節分ですね。

そもそも節分って、なんなのかご存知ですか?

節分という言葉は、
「季節を分ける」
という意味が含まれています。

言い換えれば、
「季節の変わり目」
という意味になります。

ですから、
春夏秋冬どの季節にも、節分はあるのです。

では、どうして2月3日なのでしょうか?

また、どうして節分は、
年に一度しかやらないのか?

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
なぜ節分に豆?鬼は外の鬼とは?
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

節分は、季節の変わり目ごとにあります。

季節の分かれ目とは、
立春・立夏・立秋・立冬のことです。

その前日が、節分と呼ばれているのです。

ただ季節は「春夏秋冬」と書きますね。
その一年の始まりは「春」です。

その春の始まりが立春、
つまり2月4日なのです。

立春の前日である2月3日が
節分の代表として知られるようになったのです。

お正月に送る年賀状にも、
「新春」とか「迎春」と書きますよね。

その「春」が始まる前日、
新しい一年が始まる前日に、

「これから始まる新しい年が、
災いの無い年になりますように」

との願いを込めて、
一年に一度、特別に行うのです。

大晦日には「大掃除」をしますよね。

この大掃除も、
旧年の埃や汚れ、邪気などを払う行為。

綺麗な気持ちになって、
新しい年を迎えるという意味です。

豆撒きもそれと同じ意味です。
では、なぜ豆を撒くのでしょうか?

「鬼門」って聞いたことありますよね。

kimon

風水や家相などで使われる言葉で、
北東にあたる方位が鬼門です。

なぜ北東の方位が鬼門なのか…

鬼門の方角は十二支では、
丑と寅の方角に当ります。

丑(牛)の角を生やして、寅(虎)のパンツをはいている姿、
それが鬼ですよね。

東洋占星術では、北東を『艮』と書きます。
この艮(ごん)を「うしとら」と読むのです。

鬼門は「鬼の出入りする」方角。

この邪気を祓うことにより、
春が無事に迎えられると考えられていました。

しかし、その実態は、
国常立尊(くにとこたちのみこと)という
偉い神様を、北東に閉じ込めておくために
悪神によって作られた一種の呪いのようなものです。

伝説によれば、
国常立尊はかなり厳格な神様で、
そのため支配にやり切れず
神々が一致して引退をお願いした。

そして国常立尊と配下の神々は
反対勢力の世論に抗して
引退になられたとなっています。

北東(うしとら)に引退せられた日、
これが節分の日だったんですね。

だから北東(艮)は、
汚れた場所というよりも、厳格で尊い場所なんですね。

ちなみに「鬼」という字を「おに」と読みます。

この「おに」という日本語は、「陰(おん)」に由来します。

「陰」とは目に見えない気であり、
邪気を臭わせて、「おに」としたのです。

また、隠れている怖い者をさす
「隠人(おんにん)」が変化した
という説もあります。

ようは、形の見えない災害、
病とか飢饉など、
想像を超えた恐ろしい出来事は
鬼の仕業と考えたのです。

つまり、
新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分 )に、
鬼に豆をぶつけて邪気を払い、福を呼びこもうというわけです。

反対勢力の神々は、
「煎豆に花が咲いたら出てきても良い」
と言って、節分の行事を伝えました。

煎った豆には、花など咲きませんよね。

ようは、
「永遠に閉じこもっていてください」
という意味なのです。

そのためか関西のある地方では、
豆撒きの時に
『鬼は内、福は外』と逆に言う風習もあります。

ちなみに最近流行の恵方巻ですが、
1998年(平成10年)に
セブンイレブンが全国発売にあたり、
商品名に採用したのです。

それ以前は「丸かぶり寿司」と呼ばれ
「恵方巻き」という文献等は見つかっていません。

古来より日本は、
デッチアゲが大好きなのです!笑

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】