名古屋ほしよみ堂『紫微斗数タロット占術』セミナー@9月23日(火/祝)



昨年末に発表した『紫微斗数タロット』ですが、

名古屋では2月に2度、セミナーを開催しました。

BbbSpszCAAAqpXu

しばらく間が空きましたが、

ぼく自身、紫微斗数タロットを

「もっといろんな方に役立てて欲しい」

と思っていた矢先‥

名古屋の生徒さんたちから

「数秘術と絡めた実践的な紫微タロットを教えて欲しい」

という要望があったのです。

本来、紫微斗数という占いは《産まれた時間》が必要ですが、

タロットに応用することで、誰でも手軽に占えるようになりました。

また従来の西洋式タロットと比べて、より東洋人・日本人に使いやすいように

工夫して制作したのが紫微タロットです。



まったくの初心者でも、コツさえつかめば、

わりと簡単に手軽に占えるのが特徴です。



開発者自身が、使い方のルールと、

より的確に当てられるコツを伝授します。





<日時>2014年9月23日(火祝) 15:00〜/17:00〜



<内容>『紫微斗数タロット占術』セミナー(講師:中島多加仁)



第一部:理論編「数秘術と紫微斗数タロット講義」(定員:15名)

第二部:実践編「当てるための紫微斗数タロット実践」(定員:8名)



<参加費>

第一部:3,000円(90分)15:00〜

第二部:5,000円(90分)17:00〜

通し:7,000円



<会場>名古屋ほしよみ堂

名古屋市中区栄4丁目16-21 TEL:052-263-9485

http://www.hoshiyomishi.com/nagoya/



※セミナーでは『紫微斗数タロット占術』を使用します。ご持参ください。

持っていない方は、当日購入も可能です(※要予約)



<ご予約>

タイトルに

「9/23『紫微斗数タロット占術』セミナー〜実践編〜参加希望」

と記載して、



【お名前】

【ご連絡先】

【ご希望講座】第一部/第二部/通し

【ご入金予定日】



※参加費は前もってお振込いただきます。

すでに第二部は満席となりました。

ほしよみ堂から確認のメールが届きましたらご予約完了です。

 

 

占い師って、言うほど儲からない?…という疑問に対してのメルマガ。

こんにちは。

涼しくなってきましたね。

名古屋に続いて、東京での
『天津金木(あまつかなぎ)』出版記念セミナー、
そして懇親会!

ともに、無事終了しました。

天津金木セミナー4@原宿マリアハウス

店員オーバーで、超満員でしたが、
ご参加くださったみなさん、とても楽しんでくださったようです!


さて、今週のメルマガは、
稼げる占い師と、そうでない占い師との
違いについてお話ししています。


占い師は誰でもなれます。

けれど、それは、お金を稼げることとイコールではありません。

ここで少し、占い師のお金事情について
触れておきたいと思います。

まず、最近はどの業界でも、
以前より利益を出すのが難しくなってきている、
ということをご理解いただければと思います。

大抵の占い師は儲かっていない!

大多数のフリーの占い師は、
たいして儲かっていないと思っています。

おそらく年収300万円以下の占い師が大部分で、
それこそ100万円未満もごろごろいるはずです。

占い師に専業者が少ない、
という理由もあります。


どの業界でもそうですが、
勝ち組と負け組、がいます。

売り上げの大部分は
およそ上位20%前後によって持っていかれます。

その上位20%の中にいる少数占い師を、
勝ち組と呼んでいるわけです。

地域にもよると思いますが、
年収500万以上というのは、
勝ち組を目指すことと同意義です。

しかしそれは容易ではありません。

フリーの占い師にとって、
多くの収入を得ることは大変なのです。


勝ち組になる障壁は、
勝ち組の好循環と、負け組の悪循環です。

勝ち組の占い師は、必然的に実績も増えるので、
信頼性を打ち出しやすく、ノウハウも蓄積されます。

それに占い鑑定は一回きりの付き合いではないので、
リピートも増えますし、お客さんを紹介してくれます。

とうぜん利益も出るので、
販促や設備投資にもお金を回せます。

また、仕事に困っていないので、
おいしくない仕事を断ることもできます。

何より顧客に対してアサーティブでいられます。

アサーティブとは、自己主張のこと。

しかし、ただ自分の意見を押し通すことではありません。

自分の要求や意見を、相手の権利を侵害することなく、
誠実に、率直に、対等に表現することです。

負け組はその逆です。

実績が少ないと信頼を得られにくく、
ノウハウも蓄積されません。

利益が出ないから、販促や設備の投資もできません。

また、仕事欲しさに安くてきつい仕事を受けてしまいがち。

クライアントに対して「No」と言えなくて、
ストレスを抱えている人もいます。

このように、
勝ち組はさらに勝ちやすいように、
負け組はさらに負けるような循環が生まれます。

この循環を断ち切って、
勝ち組になるのが大切です。

では…
勝ち組になるには、努力あるのみ?


いいえ。
努力だけではありません。

開業当初は0から始めます。
負け組と同レベルからのスタートです。

お金を稼ぐためには、
ゼロから勝ち組を目指していくわけです。

では、どうすれば
勝ち組占い師になれるでしょうか。


 

続きは、メルマガで。

『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

持ち運べる神社…天津金木という占いの道具

おはようございます。

先日、名古屋でセミナーでした。

天津金木(あまつかなぎ)の出版と
WEBコンテンツの同時リリースを記念してのイベント。

1970640_591381417637731_7825771716853630272_n



懇親会もとても楽しく、
お会いしたことがない方々ともお話しすることができました。

みなさん、
ぼくの日刊メルマガを楽しみに読んでくださっていると聞いて、
とても嬉しくなりました。

1912197_874314625930733_6997288374713425039_n

ちなみに、24日は東京のセミナーですが、
すでに満席となりました。

ありがとうございます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
持ち運べる神社
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

天津金木…ときくと、なんだか難しそうで、
とっつきにくい印象があるようです。

ぼくも、じっさいに使ってみるまで
そう思っていました。

長年、朝廷でしか用いられなかった、
とても神聖な道具ですからね。

そう思われるのも当然です。

しかしですね…

この天津金木は、使ってみると、
すごく身近な存在になるのです。

近年、神社がブームですよね。

パワースポットと称して、
全国の神社を巡って開運する
という価値観が一般に広まりました。

ぼくが神社巡りをしていた頃は、
まだそういう風潮はなくて。

ブームになったと同時に、
ぼくの神社熱は完全に冷めました。

それを機に、ぼくは
天津金木の研究をはじめたのです。

天津金木は朝廷のみが使う、
神聖なる神器ですが、

『持ち運べる神社』なのです。

それが、いまや
朝廷では使われていません。

明治天皇が最後の使い人、
だと言われています。

ぼくは今から12年前、
明治天皇が奉られている明治神宮に赴きました。

そして、その際、

「神宮前に引っ越ししてもいいか」

と、易に問いました。


その直後、
明治神宮から東に位置する神宮前三丁目の土地を、
手に入れることができました。

三十三坪の土地です。
とても奇跡的な出会いでした。



(※この続きは、メルマガ読者のみが読めます)



+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+