かのえ新人レセプション開催

おはようございます。

唐突ですが、6月から、
かのえ整体院に新しいセラピストが加わります。

先月から、吉光さんにお願いされて、
研修生に実技指導をしています。

ぼくの周りって、
整体やボディケアが上手な人が
不思議と集まってくるんです。

びっくりすることに、新しい研修生のみなさん、
かなり上手なんですよ。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
かのえ新人レセプション開催
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


今日は、新しいセラピストを、皆さんにご紹介いたします。

とてもフレッシュで可愛らしい女性です。

ご紹介をする前に、
かのえ整体院にセラピストを加えた
いきさつをお話します。

新しいセラピストを入れよう
と思ったきっかけは、
吉光さんからの一言が始まりです。

「先生、女性の整体師を入れたいんです。
 お客さんが女性の場合
 男のぼくにはできない施術がありますから」

で、ぼくは彼に聞きました。

「いいですね。
 でも整体できる女性いるの?」


「最近、マリアハウスに出入りしている女の子。
 彼女、たしかリフレクソロジストでしたよね…?」


その女性とは、愛川いづみさん。

マリアに出入りしているある男の子の友人で、
今年の春ごろから別件で相談にきている女の子です。

秋葉原でリフレクソロジーをしているけど、
自分の時間がほとんど作れない。

他にやりたいこともあるし、
自分の夢に近い仕事をしたい。

そんな彼女に、ぼくは提案をしたんです。

「それなら、吉光さんに施術を習って
 かのえでやってみたら?」

愛川さんは、
喜んでぼくの提案を受けてくれたんです。

5月に入ってから、ぼくと吉光さんとで
愛川さんの技術指導を始めました。

彼女は、リフレクソロジーのキャリアを
5年以上積んでいます。

実際、彼女の施術を受けてみると…

スゴく気持ちがいい!!

そして適度に痛い!!

さらに施術がとても丁寧なんです。


ぼくは直感で、

「これは、間違いなく人気がでる」

と、確信しました。

そして、彼女の技術を
周りの人に知ってもらいたいと思ったんです。

そこでぼくは企画しました。

愛川いづみさんのお披露目パーティを開催しよう!
と。

彼女の『かのえ整体院』デビューを
みんなでお祝いしてください。

開催日は6月7日(土曜日)です。
時間は昼の13時から夜の20時。
場所は、かのえ整体院。
参加費は無料です。

パーティの出入りは自由です。
お好きな時間帯に、お気軽に遊びにきて下さい。

ドリンクと軽食をご用意します。

愛川いづみさんの施術を
お試し10分 1000円で受けられます。

6月はプレオープン期間です。

また、レセプションパーティでご予約された方は、
愛川いづみの施術を初回のみ半額で受けられます。



 

陰口にひそむ『魔』

 
おはようございます。

今週の日刊メルマガでは『かげぐち』について論じています。

悪口をいうことは自分が不幸になる
悪口を言うことが不幸を引き寄せる

と書きました。

悪口の代名詞でもある『陰口』。

ここには、誰もが気づかない、不幸の罠があるんです。

陰口は、誰もが言ったことあると思います。
人間なら誰でも経験しているはずです。

そのときの陰口って、どんな人に漏らしているか…
考えたことはありますか?


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
陰口にひそむ『魔』
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


陰口を聞かされた側の人が、
大きな不幸を背負うこともあるんです。

陰口を言うとき、
信用できない人には話しません。

多くの人は、身近で信用をしている人に漏らす。

「この人なら黙っていてくれるかも」
って信じてるんです。

相手が人の悪口を聞きたくない、
という気持ちは考慮せず、
自分が信用をしている
という判断基準で話してしまうんです。

信用をしていない人には、話すはずありません。

信頼関係がない相手だと、

「陰口を当人に話してしまうのでは?」

と考えるからなんです。


ここで、ぜひ、
陰口をいう癖がある人は考えてもらいたいんです。

もし、その陰口の対象者が
聴いている人にとって大切な人だったら…と。

陰口を聴くのはいいですが、
その場で反論しなかった時点で、
聴いている人は、
対象者を裏切った形になるんです。

しかし、裏切るのは嫌だと、
対象者に陰口の事実を告げた時は、
陰口を言った人を裏切ることになる。

陰口を聞かされた人は、
どちらかを裏切らざるを得ない
立場にたたされてしまうんです。

その時あなたは、
ここまで考えていましたか?

陰口は誰も幸せになりません。
むしろみんなが不幸になります。

陰口をいうくらいなら
堂々と本人に言うべきです。

言って改善を求めるんです。

「私はあなたの行動が気になる。改善をしてもらえないか?」

と。

そして、お互い納得くいくまで話し合えばいいのです。

もし、自分が陰口や悪口を聴かされそうになった場合、
どうしたらよいか?

今日のメルマガでは、悪口への切り返し方について書いています。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+