「美しき法則」が導く開運

茶道や華道に見られる「ムダのない動作」は、
洗練されていて美しく、そして何より合理的で機能的です。

では、なぜ美しく合理的な動作方法である
「作法」が開運につながるのでしょうか。

まずは「合理的」とは何かを、考えてみる必要がありそうです。
合理的とは、なにか一定の目標に向かって、
必要なものだけを揃える行為や考え方。

たとえば、茶道なら「お茶を飲む」目的。
引いては、滞りなく作業を進めることで
「客をもてなす」究極の目的があります。

お点前における手順、
そのひとつひとつに決められた、こと細かな約束ごと。
それが、ただひとつの目的に集約される。
目的を達成するための最短で最小限の方法。
そのシンプルさに洗練と美しさを感じるわけです。

逆に、余分な動作を「捨てる」ことが、
合理的で美しい動作方法を生み出すともいえる。
つまり作法とは、余分なものをそぎ落とした
無駄のない動作方法なのです。

さて、そもそも作法は、相手に対して
礼を尽くすことを目的としています。

「礼」は『五常(ごじょう)』のひとつ。
五常とは「仁・礼・信・義・智」の5つです。
そして、それぞれに「五行」を当てはめることができます。

仁は「木」で、思いやりの心を持つ。
礼は「火」で、定まった形式、儀式、作法。
信は「土」で、嘘を言わない、疑わない。
義は「金」で、人としての正しい道理。
智は「水」で、よく知り、わきまえる。

作法は、「礼=火」に該当していますね。
「火」は、美しさと表現力を象徴する五行。

つまり「礼」とは、合理的で美しい動作で、
自分を無駄なく表現する力ことなのです。

そして、作法を身につけることは「火」の
要素を磨くことにつながるわけです。

「火」が燃えるためには、燃料となる「木」が必要です。
「木」は、他人を思いやる「仁」の心。

作法の根っこには、他人への配慮や
思いやりがあることを表しています。

「火」が燃えると炭(土)になります。
火の作法が、結果としてもたらすもの。
それが、土である「信」です。
「信」とは、偽りや疑いのない気持ち。
つまり、他人から信用されるということ。

「土」は、目的を象徴する五行でもあります。

つまり、礼である作法を磨くことが、
結果として信用を得る。
それが目的達成に繋がるというわけです。

「五行」とは、自然という不規則な現象に
一定の法則を持たせ、合理化しようとする考え方。

そこには《美しさ》があります。

いっけん「作法」は、神経質なこだわりに見える。
しかしそれは、五行の法則に組み込まれた、
合理的で美しい開運方法なのです。

日刊メルマガは無料です。
毎朝8時に配信しています。

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

無駄のない美しさ

「美しさ」がなければ開運しない。

唐突ですが、これがぼくの開運に対する信条なんです。
こだわりと言ってもいいかもしれません。

「こだわり」が開運につながることは、
以前にも日刊メルマガで書きましたね。

でも「美しさ」なんて、人によって様々。

バラを見て美しいと思う人もいれば、
ひまわりを見て美しいと思う人もいます。
それどころか、花よりも近代的なビルに
美しさを感じる人もいるわけです。

言ってしまえば、人それぞれの好き嫌い。

とはいえ人に共通する「美しさ」って確かにあると思うんです。

美しいものを見て美しいと思えること。
つまり「美意識」を磨くことが開運に繋がる、
というわけです。

「美しさ」は何も「物」にばかりあるとは
限りません。
人の手足の動き、身のこなしなどの《動作》にも美しさがあります。

マナーやエチケットの類語に「作法」という言葉があります。
作法とは《動作方法》の略語ともいえます。
つまり作法は、動き方の方法ともとれる。
そして美しい動作は、規則性に基づいています。

《無駄》のない動き。
これが美しい動作方法、つまり作法を心得た動きというわけです。

無駄がないということは、合理的であるということ。
合理的であるということは、規則正しいということです。

茶道のお点前では、左右の手足の動きから、
道具の使い方、礼の仕方まで、事細かに手順が決まっています。

いっけん大げさで、堅苦しく思えますが、
よくよく観察してみると、動きに一切の無駄のないことがわかります。

書道や華道なども同じく、動作方法をとことん追求した結果、
無駄のない美しい動作を可能にしたわけです。

無駄がなく合理的であることは、
何も美しさをあらわすばかりではありません。
合理的であるということは、
すなわち機能的でもあるということ。

さて、明日は、美しい動きが
なぜ開運に繋がるかについて書いてみようと思います。


 

日刊メルマガ、毎朝8時に配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

「風」には、物と物の隙間に入り込む柔軟さがある。

おはようございます。

昨日は気学セミナーでした。
ありがたいことに満席で、
さらにキャンセル待ちも多数いらしたので、
来月25日に、追加講座を開くことになりました。

ぼくの気学の教え方は、ちょっと特殊です。

一般では方位術として知られる気学ですが、
命術と卜術(ぼくじゅつ)の両面に絞って、
すぐに誰でも使えるように教えています。

さて今日は『四緑木星』の日です。
『易』では「巽(そん)」に対応します。

基本のイメージは《風》。

じつは、ぼくの月命は四緑。
傾斜法でいうと『巽宮』なのです。

「風」には、物と物の隙間に入り込む柔軟さがあります。
そこから、仲介や話をまとめる、
縁を結ぶ、という意味が生まれました。

また「風のうわさ」や「風のたより」という言葉もあります。

「風」には香り、音、種子、雲はもちろん、
時として噂や便りなどの情報を運ぶ役割もあるわけです。
そこから、遠方や旅行、噂、伝えるという意味にまで派生するわけです。

「風」には、形もなく色もなく、目で見ることはできません。
肌の感覚でのみ、確認できる存在です。
ゆえに、自由やしなやかさを連想させ、
同じく目には見えない「縁」を届けてくれる感じすらします。

運気もやはり同じ。
視覚ではなく、肌で感じ取る「しなやかさ」
こそ、運気を運んできてくれるわけです。

さて、今日は『紫微斗数』の星シリーズを
ちょっとお休みして、ぼく流の開運のための
原点としている方法について書いてみたいと思います。

 

続きは日刊メルマガで。

毎朝8時に配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

大暑の打ち水は「茶道」の影響

おはようございます。

今日は『一白水星』の日。
そして二十四節気の「大暑」の日です。
西洋占星術では、火の代表格「しし座」に切り替わる日。
「大暑」の字のごとく、もっとも暑さが激しくなる時節です。

大暑といえば、全国の各所で
「打ち水」のイベントが行われる日でもあります。
打ち水とは、玄関先に水をまき、暑さを和らげる方法。
暑さのピークを意味する大暑の日には、
ふさわしい行事ですね。

ですが「打ち水」には、暑さ対策以外にも、
趣深い意味があるんです。

打ち水が普及した要因として「茶道」の影響があります。
「露地(ろじ)」とよばれる、
茶室までの石畳が敷かれた通り道。

茶道では、季節を問わず、石畳だけでなく、
わきに植えられた庭木にも打ち水をします。
そこに込められた意味は「浄化」。

客を迎える前に通り道である露地を清め、
水に濡れて潤う清清さを体感してもらう。
つまり茶道において「打ち水」とは、
茶室までの道を清める行為でもあり、
客に対する「もてなしの心」だったのです。

さて、今日のメルマガでは、昨日の続き。
土用の丑日に「うなぎ」を食べる根拠に
さらに深く迫っています。


では、告知です。

今月28日(日)渋谷ほしよみ堂で開催される
『今日から使える九星気学』セミナー。

参加者が定員に達し締め切ったあとも、
たくさんのお問い合わせいただきました。
この有難い声を受けて、
8月も追加講座を開催することにしました☆

8月25日(日)15:00〜17:00
場所:渋谷ほしよみ堂
受講料:10000円のところ7月31日まで6000円!!

お申し込みはお早めにどうぞ。


『日刊メルマガ中島多加仁』
毎朝8時に配信しています。登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

「土用の丑」と平賀源内

おはようございます。
今日は『二黒土星』。
そして「土用の丑」の日です。
「土用」については、先日メルマガで書きました。

土用の丑といえば、真っ先に浮かぶのが
「うなぎ」を食べる習慣ですよね。

1年に4回ある「土用」の期間。
にもかかわらず、一般的に印象深いのは、
夏の土用、とくに丑の日。
そして、ウナギ。

ではなぜ、そうなったのでしょうか。
その由来には、いろいろな説があります。
もっとも有力なのが「平賀源内」による
友人の鰻屋から頼まれたプロモーション
という説です。

ところで今日は、先週に引き続き、
『紫微斗数』の星が及ぼす影響について、
書く予定でした。

ですが、せっかく土用の丑の日なので、
予定を変更して、「丑の日の真相」について、
考えてみたいと思います。


さて、「ひらが・げんない」という人物。
日本史の教科書でも登場するので、
ご存知の方も多いでしょう。
そう、「エレキテル」で有名な江戸中期の科学者ですね。
彼には、科学者だけでなく、
たくさんの顔をもっていました。

文学者としては《戯作》の祖といわれ、
蘭学者としては、油絵や鉱山開発など、
当時、鎖国状態だった日本において、
多くの外国の文化・技術を紹介しました。
さらにブローカーとして物産博覧会を開催。
本草学を学び医薬にも精通。
極め付けは、現代でいう
キャッチコピーのようなものを作って報酬を得た、
変わった経験の持ち主でもあったのです。

まさに天才・異才の名を
欲しいままにした人物だったんです。


そんな彼が、ある日、
「どうにかして売上げが伸びないものか」
と、夏場の売上げ低迷に悩むウナギ屋から、
相談を持ちかけられました。

 

続きは、メルマガで。

毎朝8時に配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

兆しを読む力

「空気を読む」という言葉。
よく考えてみると、おかしな日本語ですね。

日本では「場の雰囲気」察することが、
まるで《まともな人間》である証のような風潮さえあります。

厄介な習慣ですが、日本人である以上、
空気を読めて損はないわけです。

では実際に、空気を読んでいる瞬間、
いったい何が行われているのか。
それは「兆し」を読み取っているのです。
相手の表情やしぐさの変化を読み取って、
次にとるべき行動や発言を考えるわけです。

ですが、誰もがスムーズに
これをできるわけではありません。
当然できる人とできない人がでてくる。

そこには、歴然とした差があります。
いってしまえば「能力」の差です。
しかし、細かく分析していくと、
空気を読む能力は後天的に身につけることができます。

なので、
「自分も空気を読めてないんじゃないか…」
と思っている人も安心してください。
ようは「兆し」を読み取る力を鍛えればいいわけです。

「兆し」を読み取る代表的な行為といえば、占いです。
事実とは直接関係のない「星」や「カード」。
そこから未来に起こる現象を察知する。
ただし、それには「専門的な知識」が不可欠です。
で、その知識を身につけるには、
けっこう時間がかかってしまう。

そこで今回は「気」と関係が深く、
かつ簡単に習得できる占いを紹介します。
それが『九星気学』という占いです。

大正時代に日本人が生み出した占いですが、
根底にあるは「易」や「陰陽五行」といった
本格的な中国占術のエッセンス。
それを日本人にもなじみやすいよう、デフォルメした学問なのです。

そこには一定の法則があります。
ですから、だれにでも簡単に予兆を読み取ることができます。
つまり「気学」という占いを通して
「予兆」を読み取る練習をするわけです。


今月28日に開催します『今日から使える九星気学』セミナー。
またたくまに定員に達しました。

「追加講座をやってほしい」というたくさんのお声を受けまして、
来月も、同じ趣旨と内容のセミナーを開くこととなりました。

フェイスブックをやっている方は、こちらへどうぞ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日時:2013年8月25日(日)15:00~17:00
場所:渋谷ほしよみ堂
受講料:10000円(テキスト代込み)のところ    
    7月31日(水)までのお申し込みなら6000円!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


毎朝8時に『日刊メルマガ』配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

空気を読む、究極の占い

『九星気学』は、数ある占いの中でも、
かなりメジャーな存在です。
一般的には「方位取り」や
初歩的な風水本で使われることが多いです。

「紫微斗数」や「四柱推命」といった、
高等占術に比べると、比較的カンタンに
マスターできるので、プロの占い師の中には
気学を軽視する人も多いようです。

でも、実は、
占いの3大要素「命・卜・相」全てをカバーする
高いポテンシャルを持っているのです。

というのも、九星気学には
中国系の占術の基盤となる
重要なエッセンスが詰まっているからなんです。

そのひとつが、
「易(えき)」の理論です。

易は、『易経(えききょう)』という教科書に基づいて、
吉凶を判断する占い。
きわめて古い歴史をもつ占いで、
古代中国では政治や軍事にも利用されていました。

ですが、中国の古典的な教科書に由来するだけに、
一般人には、理解するのが難しい。
マスターするためには、本格的に学ぶ必要があるわけです。

そうした難解な学問である「易」の要素を、
日本人用に、わかりやすく取り入れたのが
「九星気学」というわけです。

易を構成する基本要素『八卦(はっか)』は
気学で使う9星に対応しています。
つまり、気学を学ぶことで、
同時に易の基本も習得できるわけです。

さて、なぜぼくがこれほど「易」を推すか。
それには理由があります。

「易」がとても《使える》占いだからです。

サイコロや10円玉といった
ちょっとした道具でスピーディーに占えます。

こうみえて、ぼくはせっかちなんです(笑)

だから瞬時に知りたいことが知れる「易」には、
とても重宝しています。

そのうえ、歴史上の皇帝も使ったほど実践的。
こうした歴史的な裏付けも
「易」の魅力のひとつになっています。

さて、「易」を応用した占いに
『梅花神易』があります。

「ばいか・しんえき」と読みます。

昔、易の名人が「梅の花」を見ていた時、
2匹のスズメが争って、梅の木から転落しました。
名人はその光景を見、ある予測をしました。


「夕方に、隣の家の少女が
 梅の枝を折ろうとして、
 あやまって足をくじくだろう」


結果、名人の予測は的中しました。

以来、名人が使った手法は、
「梅の花を見ても結果を出せる」
という意味から『梅花心易』と名付けられたわけです。

まさに神業ともいえる伝説ですね。
この時、名人にとって梅の花や雀は、
単なる自然物ではなく、
特別なメッセージを持った「サイン」として映ったわけです。

もちろん「梅花心易」をマスターするには、
かなりの時間がかかります。
それは「易」の理論を完全に理解しなければならないから。
ですが「そのとき名人は何をしたのか?」を考えれば、
ヒントが見えてきます。
名人が判断に使ったのは、梅の花と雀。
そして時間です。
それは、その瞬間の「空気感」、
もしくは「雰囲気」とも言えます。
それを神秘的に、かつ深く考察することで、
神業ともいえる予測を的中させたわけです。

なんだか、ぼくたち日本人が気にする
「空気を読む」行為と共通する気がしませんか?

相手のしぐさや表情、場の雰囲気から、
次に起こる展開を予測する。
いわゆる「TPO」を考慮に入れた行動です。
かつて易の名人が考案した神業的な手法、
「梅花心易」も原則的には同じことだったわけです。

そういった意味で、「梅花心易」は、
「超・空気を読む占い」といえるかもしれませんね!


毎朝8時に『日刊メルマガ』配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

今すぐできる開運法144 『クイック風水』出版

置くだけ、着るだけ、捨てるだけ、行くだけで、
恋愛運・金運・対人運・健康運・家族運・仕事運がぐんぐんアップ !!

クイック風水』が出版されました。

フルカラー95頁。648円+税。鉄人社より。
ぼくはネタ出しを協力させていただきました。
全国のセブンイレブンに並びます。



良い気が流れる場所に住んでいると、気持ちも前向きになり、
恋愛や仕事も進みやすくなります。

それに対して、気の流れが悪い場所にいると、
いつのまにか気分が暗く沈みがちになり、
物事がうまくいきません。

停滞をもたらす「悪い気のエネルギー」を動かし、
生活を豊かにしてくれる「良い気の流れ」に変えましょう。
生活の中でほんのちょっと工夫をするだけで、
誰でも簡単に運気を上げることができます。

その「ほんのちょっとの工夫」が、風水なのです。

本書では具体的なノウハウを、
イラスト付きで分かりやすく紹介しています。

前作の『ちょい足し風水』では書かなかった、
秘策が盛り込まれています。

ぜひ『ちょい足し風水』と併せて実践してみてください。

毎朝8時に『日刊メルマガ』配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

七夕はバタバタしてました。

おはようございます。takaです。

遅ればせながら、
二十四節気の「小暑」がすぎましたね。

2日前のことです。

ぼくは名古屋で『姓名判断』のセミナーをやっていまして、
なにかとバタバタ。で、ぶろぐが滞ってしまいました。

小暑は7月7日でしたが、
いわずとしれた『七夕』の日でもあります。
五節句のひとつですね。

「七夕」といえば、
織姫と彦星の星祭りのイメージが強いですね。
また短冊に願いごとを書いて、
笹の葉に結びつける行事も普及しています。

短冊に願い事を書くようになったのは、
江戸時代に入ってから。
先日の「夏越で大祓」で使用した「茅の輪」の両端に
飾ったのが始まりとされています。

3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句など、
他の五節句と同じく、七夕の由来も中国にあります。

もともとは「乞巧奠(きっこうでん)」という
手芸・裁縫の上達を祈る行事でした。

その習慣が輸入されたのは奈良時代。
『古事記』や『日本書紀』にも登場する
棚機津女(たなばたつめ)の伝説とミックスされて、
現在の形になったのです。

ちなみに、短冊が色紙なのは、
「七夕」が『五行』に基づく儀式だから。
もともと裁縫や手芸にまつわる行事だけに、
中国では五色の糸を使います。

七夕用に五行を取り入れる行事は、
何かしらの成果(願望成就)を期待したものがほとんど。
つまり呪術性を秘めた儀式なのです。

では告知です。
今月28日(日)に渋谷ほしよみ堂で、
『今日から使える九星気学』
というセミナーを開催します。
九星気学の命術と卜術を、一日で使える
レベルにします。

時間は15:00〜17:00の2時間。

受講料は本来10000円。ですが、今回は
特別割引ありです!
7月10日(水)までのお申し込みなら
なんと6000円。

有難いことに、さっそく定員に達しました。

当日までにはキャンセルも予想されるので、
もし空席が出来たらお知らせしますね。

キャンセル待ちも数名募集します。

 
毎朝8時に日刊メルマガを配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】

姓名判断(命名)のタブー

おはようございます。

今日は『辛未』の日。
「辛(かのと)」は宝石です。
「未(ひつじ)」は、夏の焦土。

乾いた土の上の宝石です。
水の気が足りなくて、
傷みやすい質の金属なので、大切に扱わねばなりません。

辛と未の組み合わせは、十二運で『衰』。
動物占いでは「タヌキ」になります。

いやなことがあっても笑顔を絶やさず、
穏やかな印象を周囲に与えます。
なので、目上のからも可愛がられ、敵も作りません。

その反面、鋭い洞察力をもっていて、
嘘や隠し事はすぐに見抜いてしまいます。
カンが鋭いので、
切れ者で腹に一物あるように思われますが、本人は到ってピュア。

トップよりもNo.2が得意ですが、じつは
独自の人生観をもっていて、時間をかけて考えを形にしていきます。

さて、今日は名前を付ける時の注意事項。
姓名判断における「タブー」について
書いてみたいと思います。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
姓名判断のタブー
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

さて、昨日のメルマガでは三才のバランスと
命術の併用で「ゴールデンプロポーション」の名前を作る過程を紹介しました。

今回は、姓名判断におけるタブーを書きたい
と思います。

昔はオーソドックスな名前が大半でした。
男なら「太郎」や「弘」、「茂」など。
女なら「優子」や「裕美」、「恵子」など。
「ふりがな」をつけなくても、たいていは読める名前ばかり。

ですが最近は奇をてらった名前が、目立つようになりました。
「海莉」や「祈愛」なんて、ちょっと一目で読めませんよね。
ちなみに「えり」「のあ」と読むようです。
これを「当て字」といいます。
まぁ、いわゆる珍名ですね。
キラキラネームなどと呼ばれています。

姓名判断では、基本的に、
当て字はすべて《凶相》とされています。
つまり読みやすいことが吉相の基本なのです。

その理由は、広く認知されやすいから。
一目で読めるということは、他人に覚えてもらいやすい。
名前は周囲に浸透することで、効力を持つのです。

とはいうものの、ぼくの名前は「多加仁」。
オーソドックスとは言えませんよね(笑)
よく「たかじん」と読まれてしまいます。
「たかひと」が正解です。

ぼくの名前は、姓名判断をせず付けられたのでしょうか。
いえ、決してそんなことはありません。
それどころか、ぼくの父親は神秘霊学家。
姓名判断には長けた人物でした。

ぼくが姓名判断の存在を知ったのは、
まだ高校生のときでした。
父親の書庫から一冊の本を見つけたのが、はじまり。

それが『姓名の神秘』という本でした。
著者は、熊崎健翁。
「くまざき・けんおう」と読みます。
姓名判断の創始者といえる人物です。
そう、実は『姓名判断』は、日本で始まった占いなんです。

当時、高校生だったぼくは、
かなり衝撃を受けたのを覚えています。

そんな姓名判断の創始者も、ぼく同様、
決してオーソドックスとは言いがたい名前ですよね。
なにしろ「健翁」ですから(笑)

では、どうしてそんな仰々しい名前を付けたのか。
もちろん、それには理由があります。

ということで明日は
命名の「例外」について書いてみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週6日(土)に、名古屋で
『姓名判断1dayレッスン』を催します。

場所は、栄の「ほしよみ堂」。
15時から、定員は8名で参加費7,000円。
お申込み・お問い合わせは、
このメルマガに返信しください。
お待ちしています。

では、今日もよい一日を!


毎朝8時に『日刊メルマガ』配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

中島多加仁【星読み師☆taka】