家の中と、家の外。

「相術」とは、「目に見える形」から、
吉凶を判断する占いのことです。

おそらく最も有名なのが「手相」でしょう。
手のひらの膨らみや線といった、「形状」に
よって、思考のパターンや危険な時期、
結婚運・健康状態・各能力などを占います。

他には顔相や印相があり、意外なところでは
「姓名判断」も相術に該当する占いです。

手相に次いで相術の代表ともいえるのが「家相」です。
「家相風水」と言ったほうがピンとくるかもしれませんね。

街の本屋さんには「風水」と名のつく一般書が、たくさん並んでいます。
しかし実は、そのほとんどが本来の風水ではないんです。

風水じゃないとしたら、何でしょうか。
その中身は九星気学であることがほとんど。

もちろん専門書の中には、本格的な風水を
論じた本もいくつか存在します。
しかし数は、それほど多くはありません。

本格的な風水と九星気学には、決定的な違いがあります。

それが、
「理気(りき)」と
「巒頭(らんとう)」です。

風水という言葉を聞いたとき、頭に
「部屋の中の問題」というイメージが思い浮かぶ人が多いはずです。

家具の配置に始まり、キッチンやお風呂場、
窓の位置に焦点を当てた本がほとんどだからです。

部屋のどの方角に何を置くか?
カーペットの色は?
置物の材質は?
クッションの色は?
といった、インテリアの材質や色に重点が
置かれているわけです。

適切な位置に適切なものを置くことで
「気の流れ」をよくすることが目的です。

家の中の《気の流れ》を改善しようとする試み。
これを「理気」というわけです。

では「巒頭」とはなんでしょうか。
簡単にいうと、家の周りの「地形」です。
隣の建物の形や高さ、玄関の向きに始まって
道路との角度、土地の高さ、
周辺の川や丘の有無に到るまで、かなり広い範囲を見ます。

なんで、そんなに広い範囲を見るのかというと、
やはり「気の流れ」を見るわけです。
いい気が自分の家に向かって流れてくるような地形かどうか
をみているわけです。

本格的な風水では「理気」よりも「巒頭」を重視します。

周囲の地形が、根本的な気の流れを作ると考えるわけです。

ところが、日本で一般的に認識されている
風水や家相は、「家の外」の状態にはあまり
言及していません。

つまり「理気」のみに頼った相術と言えるわけです。

星読み師☆taka【中島多加仁】

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■毎朝8時に届く日刊メルマガ
日刊「メルマガ中島多加仁」毎朝8時に届きます。
占い師の視点での役立つ知識と情報を毎日配信中!
月から金はテーマごとの連載で、土曜日は1週間のアーカイブ。
日曜日は「1週間の運勢占い」です。
登録は無料です。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

天体の動きを熟知することは、 皇帝の権威の象徴


今日は『二黒土星』で『壬戌』の日。
そして、なんと「月食」の日でした。

夜明け前に関東の西の地域で部分月食が起きました。
ただし、月が欠けて見える割合はごくわずか。
夜空の低い位置から月食が始まり、
終わらないうちに沈んでしまったようです。

月食は太陽と地球と月が並んで、月が地球の影に入る現象です。
月の一部が地球の影に入り、欠けて見えることを
『部分月食』といいます。

今朝の部分月食は午前4時51分にはじまって、
もっとも欠けたのは5時7分、
終わりが5時23分ということでした。

さて。「二黒土星」は、
その名のとおり「土」の気に属する星。
そして「戌」も、土の属性です。

九星で「土星」の日には、必ず「土」の
十二支が巡るようになっているんです。

このシステムは古代中国で作られました。
古代中国の暦のシステムは、当初すでに
完成度が高かったようです。

もともとは西洋から、
天文学と「暦」の知識を取り入れた中国。
いつしか天体の動きを熟知することは、
皇帝の権威の象徴となりました。

具体的には「日食」と「月食」を
予知することが、信頼できる皇帝の証明でした。

今でいえば「支持率」に関わる問題だった。
ですから、国を挙げて「暦」の整備が
すすめられたわけです。

こうして中国の「暦」は、
本家である西洋を凌ぐ精度になったと
考えられています。

今日のメルマガでは、
九星気学における「生まれた日」と
「生まれた時間」の意味を探っています。

登録は無料です。コチラより⇒http://goo.gl/j6K7b

来月、名古屋ほしよみ堂で
九星気学の1dayセミナーを開きます。
5月18日(土)15時から3時間。
定員は8名。参加費は7000円です。

気学の「命・卜・相」3つの使い方を
3時間でみっちり教えます。

互いに関連させて進めるので、
セミナーが終わる頃には、自然と身についているはず。

手軽で濃い気学の使い方を、
わずか一日でマスターできるチャンスです。
気学三昧の3時間を体感してみてください。

では、よい週末を!

Facebookのオフィシャルページと5月の名古屋セミナー

昨日は名古屋で、タロットの1dayレッスンを開講しました。

大風のために遠方のお客様のキャンセルがありましたが、
当日飛び込みもあって、めでたく満席御礼となりました。

まったくの初心者が数名、けっこうな経験者の参加者もありまして、
講師としての腕が試されました。
ぼくは元々、初心者とベテランのプロが混じった講座であっても、
かならず両者に満足してもらえる内容の講義をする。

ぶっつけ本番。
その時の顔ぶれで、内容をまったく変えてしまうわけですね。

さて、話は変わりますが、
最近話題のFacebookに、
ぼくのオフィシャルページができました。

「いいね!」を押していただけると、
いくつかの特典があります。

とりあえず第1弾として
『メール易占い』のサービスをアップしました。

Facebookをやっている方はもちろんですが、
まだやってない方、これからやろうかなぁーなんて考えていた方、
ぜひこの機会にはじめてみてはいかがでしょうか?

「いいね!」を押すだけで、様々な特典が受けられます。
さて。名古屋でのセミナーですが、
またまた来月5月にも開講することとなりました。

日には18日の15時から3時間。

テーマは『九星気学の命・卜・相』です。

詳しい内容は、また後日告知しますね。

   星読み師☆taka

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
中島 多加仁 オフィシャルブログ
→ http://mmct.jcity.com/?c=34&e=5PiF6AVLyKY4mlS;BDKT;g11

メール鑑定および対面鑑定をご希望の方はこちらをご覧ください。
→ http://mmct.jcity.com/?c=17&e=5PiF6AVLyKY4mlS;BDKT;g11

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/